イケてる風俗店で2回戦した体験談

この記事は前回の続きである。やはり風俗は最高だ。前に現れた女の子も、非の打ち所がないような風俗嬢だった。

「Aさん、急にダメになってしまったので、代わりにMさんではダメでしょうかね?」

僕の心はAでいっぱいだったのに・・・

「Mさんはとてもお綺麗で、Aさんよりも人気がありますよ!」

本当かな~・・・と思ったが、ここは思い切ってお店を信じてみようと思いMさんに決めた。

そしてMさんは実際にとてもお綺麗で、しかもエロかった。そして、Mさんなのに性格はドS(笑)

「ねぇ、君をいじめてると濡れちゃうの。本当に楽しいわ。だから特別なサービスしてあげるね」

この「特別なサービス」の内容はご想像にお任せするが、とにかく彼女のテクニックは何から何まで凄かった。結婚して足を洗った今でも思い出してしまうほど。

そして、2回戦。ストレスもリビドーも、何もかも・・・・全てが空っぽになってしまう勢いだった。

「まぁ、君は私を濡らしたんだから、これぐらいの事は当然の義務よ。もっとがんばって欲しいぐらい」

サービストークなのか?それにしてはエロ過ぎるし、演技にも見えない・・・

「かわいいね・・・」

全てが空っぽになっていたはずなのに、その一言で3度目が始まった。
もう止められない。

タイマーが鳴り、シャワーへと向かう。

「今日は楽しかった?」

その言葉で何故か涙が止まらなくなった。

「そっかぁ・・・きっと心が我慢し過ぎてたんだね。大丈夫だよ。でも今日の君はかわいかったし、最高だったよ」

楽しかった時間は終わり、最後のハグをする。

「また、会おうね・・・」

しかし、それ以来彼女には会っていない。
その後もう一度彼女を呼ぼうとしたが、彼女はあの後、お店を辞めてしまったとの事だ。

私はこれがきっかけで人妻系風俗の沼にハマっていくのですが、それはMさんを探す旅だったのかもしれません。

Mさん以外にも体験談として語りたい女性は何人かいるのですが・・・それはまた別の機会に。

本番したいなら金津園へ!ソープランドの体験談

金津園ソープランド体験談の続きです。

ソープランドの本番のお話をします。気持ちの良くないお風呂を出てからベッドにうつります。

久々のベッドではほとんど枕営業でのセックスです。お金を払って私のプライドを売っている感じで面白かったです。いきなりセックスしたくもない肥満体の女性に押し倒されて、どうしてほしいって言われました。本当におっぱいは大きくて急にパイズリとフェラチオをしてきました。確かにそれは嬉しいです。

もう正直、お金なんてどうでもいいのではやく抜いて風俗事情を聞きたいという風俗ライターの気持ちになりました。そこで私は騎乗位でやってくれとお話ししました。

そこですぐに気持ちよくてイってしまいました。ただ、それは彼女の肥満体の身体の圧力で気持ちよくなっただけです。その後、もう私はセックスは全くしたくないです。

彼女のおかげで女が怖くなりました。恋愛はうまくいっているのに何故風俗にきたのか。それも無駄に高いソープランドにきたのか。考えました。最後に風俗情報の中で岐阜市の金津園の情報をお伝えします。

今後、金津園は野田聖子の方針でどんどん無くなっていくとあまり根拠ない事を今回の肥満体のソープ嬢に教えていただきました。ただ、根拠はないかもしれませんが実際に表通りのソープ店はどんどん潰していく感じが見えてきています。

この2年で4店舗はなくなりました。本当に駐車場ばかりです。この女性の評価はサービスに関しては100点満点中19点くらいです。穴があるからセックスができただけです。そしてお話しに関してもお伝えします。元キャバ嬢らしくて、お話しに関しては勉強できない女性特有のパチンコの会話、ギャンブルな会話でバカだなって感じを受けましたが政治に関しては色々と詳しいらしく勉強になりました。

この子はソープランド事情を知るには非常に利用できる女性だと思います。ぽっちゃり好きには肥満体でなく気持ちいい身体だと思います。そこは軽くフォローしておきます。今後の金津園は全く将来性はないでしょう。

3年ぶり金津園!俺のソープランド体験談

私が訪れた3年ぶりの金津園のソープランドです。3年前に訪れた時は1時間20分で3万円のソープランドに行っておりました。ただ、今回は経済的に根拠。高収入とは言えないので、1回のお風呂代も死活問題なのです。

無駄なお金の利用はしてはいけないと感じて安価なソープランドを利用しました。恥ずかしながら、私はあまり稼ぎがありません。45分で16000円利用しました。もちろん無駄なお金だとわかっております。

その為、女性の指名に関しては勿論無料です。今回のお店は激安店のソープランドのG店を利用しました。G店に関してはすごい魅力があるホームページでした。利用してみると、インターネット上の女性とは全く違う完全な肥満体の女性が現れました。年齢の表記も24歳ではなく27歳というめちゃくちゃではありますが、風俗については普通の表記です。

その女性に対して初めから引いた目線で見ておりました。巨乳ではあるが肥満体です。インターネットで見たときよりも性欲が高まりません。正直、彼女をエレベータで見たときに私の性欲ははけてしまったという体験談になります。

こんなソープ嬢でも稼げているのか?と疑問に思った

ここから本題になる感じで申し訳ありません。

彼女は非常にギャル系の肥満体の女性です。インターネット上とは違い、正直ボディラインにクビレなどございません。本当に気持ち悪かったです。お金払って、この女とセックスするのかって感じです。まあサービスとしては見た目からマイナスだったから、服を脱がすサービスもしっかりしてました。その上、饒舌なお話で色々知識が身につきました。

彼女とセックスする気持ちは限りなくゼロになりましたが、一緒にお風呂に入り気持ちよかったです。潜望鏡のプレイもなくマイナスポイントは続きました。

なるほど…今のソープランドこんな感じなのか?これなら3万円をドブに捨てたようなものだ。

ここで気になったので、ネットで色々と探しているとソープランドの仕事内容が詳しく書かれた記事を発見した。

そこには給料・仕事の流れが詳しく書かれていたが、今回の女の子は特殊だったらしい。…というか大外れ。なんだか悲しくなってしまいました。

その後、お風呂場からベッドルームへ。正直、ウォッシュの時間とお風呂の時間が短いのはプレイの時間の指定が短かったからで仕方ないです。この女ブスなのに、なんでこんなプレイしかできないんだってのが本番前の感想です。

仕事帰りに風俗へいくと大当たり嬢を引いた件

私は大手通信会社で営業に努めております。今日もたくさん話しして、それなりに残業して金曜日に帰りに。このまま一人で帰るのかって感じてました。

正直、仕事帰りに風俗に行きたくなりました。私の行きつけのお店、名古屋の名店パリ3に電話を入れます。過去から何度も予約しても捕まらなかった女性に予約をしようとします。実際に電話してもどうせ捕まらないだろって思います。電話すると「本日、りおちゃんは空いてます」と指名が取れました。今から1時間以内ですと予約取れます。

それも店員さん曰く「お客様ラッキーですよ。りおちゃんのやよく取れないですが今日はキャンセルが入りました」私は本当にラッキーでした。私の勤務先からお店は非常に近く15分くらいです。風俗店はどこでもそうなんですが、予約時間の20分前には再度連絡を入れる必要があります。そこでパリ3に再度連絡を入れます。

「今向かってます。すぐに着きます」とお伝えしました。

りおちゃんに関しては、色々なサイトで調べてもそれなりにプレイ内容が良いと聞いておりました。これは絶対に久々に満足できる風俗体験になりそうだと感じました。パリ3は名店であり、他にもいい女性はいますが「りおちゃん」に関しては別格という噂を聞いておりました。もう本当に興奮しながらパリ3に向かい、パリ3に着きます。私はいつもクレジットカードで支払います。入場料、指名料、プレイ料50分で2万円です。馴染みの店員さんと色々と話します。「本当にラッキーでしたね。今りおちゃんは準備中なのでお待ちください」「楽しみでしょー」等と話てる間もどんどん興奮してきます。パリ3はラウンジのように綺麗な作りの内装です。

ドリンクも2杯ほど飲んで、店員さんから「もうすぐプレイ時間になります。お手洗いはいかがですか」と言われます。そのままトイレに行き。少々待って「42番のお客様お待たせしました」と呼ばれます。とうとう女性と対面です。

目の前に現れた風俗嬢は、とびきりのモデル風美女

とうとう女性と対面です。っと、目の前に現れた風俗嬢は、とびきりのモデル風の美女でした。普通はインターネット上に出てるシティヘブンの写真よりも3割から4割引の女性が登場するのがベタです。今回は完全にビジュアル的には大成功。何度も予約して、やっとこさ成功した本指名です。

もうたまりません。会った瞬間に色々な感情がとびきりに出ます。「おおー」って顔していたら、りおちゃんから「りおを指名してくれて、ありがとうございます」って言われました。「いやー前々から指名してたけど、なかなか指名できなくて感激してます」「めっちゃ美人だねー、今日はあたりだ」って褒めまくります。彼女も非常に喜んでおりました。そのままプレイルームへ行きます。「くつろいでね」って言われて、そのままキスをしてくれます。最高にいいサービスです。

そのまま脱着サービスをして身体を接してくれます。もう嬉しいし、夢のように感動してます。私は全裸になり彼女に対して「脱がしてあげるよ」って問いかけて「うん」って言われます。そのまま全裸にしました。本当にモデルのような身体でおっぱいもEカップとかなり大きく感じます。

すぐに触ってしまいました。「たまらんねー」って言っちゃいました。手を引っ張られてシャワーを浴びます。身体をくっつけて、おっぱいをくっつけて身体をウォッシングしてくれます。ちんちんも綺麗にしてくれます。そのままお風呂に入ってイチャイチャしておっぱいを揉みまくります。お風呂の中で向かい合ってディープキスから潜望鏡のフェラチオをしてもらいます。これは一番興奮して、風呂場で果てるところでした。私は基本的に風俗では「マットプレイ」は嫌いです。

ベッドプレイのみを楽しみたいので「ここで果てちゃうよ。ベッド行こうよ」って誘います。そのままベッドで全身リップさせて、ちんちんをフェラチオしていただき、私も彼女のアレを指と舌でせめて。おっぱいに赤ちゃんのようにしゃぶりつきました。そのあとシックスナインをして、鏡に映る私に興奮しました。最後に素股をしていただき1発目が抜けました。その後、休憩してお互いの人生のお話をします。烏龍茶を飲んで、その後。彼女から2回目しよって誘われます。

私は疲れてましたが、また来たいので頑張りました。次は立ってパイズリをさせて口の中で抜きました。本当に最高です。ラインの交換もして予約しやすい日を教えていただきました。

本当にプレイ内容は人生で最高です。是非もう一度行きたいです。アレだけのフェラチオと素股ができる女性はなかなかいないです。

仕事をサボって風俗へ行った体験談

今回は自称「かつて人妻デリヘルを極めた男」である私の、特に印象深い風俗体験談・・・その中でも特に思い出に残るドS人妻Mさんについて書かせていただきます。

当時の私は入社2年目の新人サラリーマン。残業はないが、安月給で上司とお局さんのご機嫌取りに辟易していた。
そんなある日、ストレスなのか出勤途中に急に「仕事・・・今日行けない」と思いつめてしまい、サボってしまった事があった。

そんな時にふと目に飛び込んできたのが雑誌の見出し。人妻とデリヘルという単語。
な、なんて魅力的な単語なのだ・・・今まで興味が湧いた事もない単語だというのに、私の心をくすぐる。

そうだ、彼女もいなくて下半身の方もストレスで疲れているから、こうなったのだ、だから仕事をサボってエロい人妻と遊ぶべきなのだ!
今の僕には人妻のエロスが必要だから、仕方ないのだ、と言い聞かせ貯金していた口座から数万円ほど引き出した。

そしてスマホを手に取りお店の検索をし始める。
多少は風俗経験があったものの、この時は人妻なんて未知の領域だった。
失敗したらどうしよう、この気持ちを出し切れなかったらどうしよう・・・そんな不安もあってか、お店の目星をつけるだけで2時間は掛かってしまったと思う。

そして見つけたお店、人妻専門店D。ホームページは綺麗で更新も頻繁にされている様子だったし、某紹介サイトのレビューからの評価も高いが割りとリーズナブルなお店だった。
しかもプロフィール上にとても素敵な写真が掲載されているAさんが出勤中と書いてある・・・私はまだ見ぬ素敵な人妻さんに胸と下半身を膨らませながら問い合わせると、30分待ってくれれば大丈夫との事。どこかホテルに入って待っていてくださいとの事だった。

私はすぐさま、近場の手ごろなホテルへ向かったのだが、ここで電話が・・・

「すみません、やはり別の女性ではだめでしょうか?」

・・・え?

やはり仕事をサボって風俗へいってもロクなころにならない。やはり、バチが当たったのだろう。